FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめての緊縛

2009/03/31 21:07
今まで、ほとんど興味のなかった縄関係。
縛るとことはするけれど、後ろでにするとか股縄とか、まぁその程度だった。
とあるオフ会のビンゴで赤の綿ロープ3本をいただいたので、試してみましょうということに。
こういうときに、身軽に実験台になってくれるっていいな。
SM行為というのは、一歩間違えると怪我とか(大げさにいうち死とか)を伴うので
とりあえずは、インターネットでお勉強。

そう、インターネットは私の師匠でもあるんです。
まだ私に知識がなかったころは、あまり今ほどネットでの情報量も多くなかったけれど
雑誌を買うのがどうしても嫌で、SM系のネットを徘徊したりしておりました。
話が脱線しましたが、まぁコレは置いといて・・・

いろんな縛り方があるのは知っていますが
やはり縛りといえば亀甲かなーってことで、亀甲縛りに挑戦することに。
縛り方をプリントアウトしたのをホテルに持ち込み、せこせことやりはじめる。
表はそれらしくなるが裏がキレイじゃない。
汗もかくし、私はもう必死(笑)

緊縛と言えば「美」というイメージがあるので
「女の子を縛りあげたいわ~。男はつまらん。」と思いつつもすすめていく。
途中から完全にスイッチが入り、下からどんどんと溢れてくるのがわかる。
それを自覚しながら、ナニこれ?気持ちいい~とヒートアップ。
脳内では完璧に逝ったカンジがした。

結局、数回やり直し、なんとかそれらしい形にすることができ満足感に浸り写真を撮る。
汗をかいたのもあり、そのまま放置してシャワーを浴びて戻ってくると
ちょこんと正座して待っている。
かわいい。
そんなこと顔にも出さないし、言わないけれど・・・そそられる。

ちゃんと習って、もっとキレイに縛り上げたい。
将来的にはやっぱり女性を・・・という野望を秘めながら
癖になるだろうなという予感を実感に変えて、その日は幕を閉じた。

呪文

2009/03/30 20:16
この春、仕事の都合で地元に戻ることとなった。
それまで、約4年ほど住んでいた場所から新幹線で2時間半ほどの距離になる。
諸般の事情により引っ越しは、まだ先になにそうなのだが
とりあえず身の回りの着替えなどを持ち、バタバタしながらもM男くんと会う。

その日は縄やら鞭打ちなどを軽く楽しんで食事をして解散したのだけど
会う前から、異動になることが寂しく悲しいと伝えてきていた。
プレイ前にマッサージをしながら、プレイ後に食事をしている時も
その「寂しいです。もっと育ててほしいです(>_<)
     引っ越しはまだだから1度はこちらに戻りますよね?」など
なんだかちょっと、センチな気持ちを伝えられているうちに
こちらにも、センチな雰囲気が伝染してくる。

へぇー、寂しいんだ。
わりと、あっさりサバサバと言う関係だったので
けっこうドライに受け止めるのかと思いきや・・・

私は、遠くなったから無理だなと思っていたのだけれど
相手はそれでも、なんとか関係を築こうとしているのだと気づいて、少し愛おしく感じた。

合い言葉は「同じ日本にいるんだから。」
単純なようで、結構重要な呪文。
先のことなんて分からないし、この世で人間が言う「ずっと・・・」って言葉ほど
当てにならないと思っているけれど
離れることによって見える気持ちもあるのだなと、再確認した。

 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。